昨年度 子どもの活動~1学期~

子育て支援事業講演会「エピペンの使用について」

子育て支援事業講演会「エピペンの使用について」

26日、LFA~食物アレルギーと共に生きる会~の大森真友子先生と、看護士の坂口さんに来園して頂き、食物アレルギー緊急対応について職員と保護者の方で講習をうけました。エピペンの必要性、使用方法などの話を聞くだけでなく、練習キッドを使い、体験しながら学びました。

繭人形

繭人形

先日 たくさんの蚕がたくさんの繭になり、本日この繭を使ってすみれ組のお友達が繭人形を作りました。真っ白な繭が色とりどりの繭人形に変身。すみれ組さんが持ち帰りお家に飾ってくれているようです。 

未満児の子ども達のひととき

水遊び楽しかったね
 
お着替え済んだら絵本をよもう
そろそろお腹も減ってきた「いただきます」
グリーンカーテン ゴーヤもできました

すいか割り

すいか割り

天気にも恵まれ 青空の下すいか割りが行われました。ちびっ子剣士が勇ましく すいかに立ち向かいます。見事 仕留めると 周りのみんなから盛大な拍手を受け マスクを外すと満面の笑みがこぼれていました。今年はとても甘くて美味しいすいかでした。すいか嫌いなお友達も一口パクリ。すいか好きのお友達はおかわりをペロリ。これも夏の体験ですね。 

7月生まれお誕生日会

7月生まれお誕生日会

「園長先生おはようございます」「えつこちゃん、おはようございます」
ご挨拶の声は聞こえてきますが、二人の姿は見えません。
今月は、1学期最後の月になります。どこかで園長先生とえつこちゃんが、4月からの約束事や出来事を振り返っているようです。そして子ども達はそんな二人の会話に耳を傾けています。
子ども達はいろんな約束事を守りながら、たくさんの活動を行ってきました。夏休みまでの残りの日々も元気に過ごせますように。
お友達をお祝いした後は、七夕祭りの元となる織り姫と彦星のお話を先生たちが披露してくれました。

プール

プール

うたとリズム遊びが終わりいよいよ子ども達が楽しみにしていたプールが始まりました。
特に暑い日は自分のクラスの番をまだかまだかと待ち遠しくてたまらない様子の子ども達。水着に着替えプールに入ると、パシャパシャ、ザブンまるでお魚さんのように生き生きとお水と戯れています。
中にはプールの隅で、顔に水がかかると少し迷惑そうにしている子どももちらほら。夏が終わる頃には、お顔付けも潜るのも平気になっているといいですね。暑い夏を楽しく涼しく元気に過ごしましょう。

りんご組どろんこ遊び

りんご組どろんこ遊び

お砂場で元気に遊ぶりんご組のお友達。今日はどうやらたくさんのお水を流し込みどろどろ・べちゃべちゃとどろんこ遊びを楽しんでいるようです。「コーヒーはいかがですか~」とペットボトルのカップを片手に珈琲屋さんが現れました。手や足だけでは物足りないかな、全身でどろと戯れるお友達も。だけどここはプールじゃないよ。またみんなでプール遊びもしようね。

笹飾り

笹飾り

「笹の葉さらさら~」
今年も大きな笹に子ども達が作った すいか、キュウリ、たこなどたくさんの笹飾りと子ども達それぞれの願いが書かれた短冊を飾りました。一人ひとりが飾った後は、担任がクラスの願い事をくくりお願い事が叶うようみんなで手を合わせました。
すぐ先の願い事や遠い先の願い事などみんなの願いは様々ですが、叶うといいですね

蚕の幼虫がやって来た

蚕の幼虫がやって来た

今年も春日丘幼稚園にやって来たたくさんの蚕の幼虫たちは職員室とすみれ組のお部屋で育てられています。運転手さんがたくさん桑の葉を取ってきてくださるのですが、気がつけばもうなくなっています。毎日ムシャムシャとたくさん食べる食いしん坊の蚕たちを世話するすみれ組のお友達。初めは少し気持ち悪がっていたお友達もいましたが、お世話をしているうちに触れるようになったり手に乗せたり、服に付け仲良しになっていました。でも、そんな蚕がだんだん食欲が落ち子ども達が心配をしていると、ある日糸を出し始めました。そこでそれぞれのおうちを作ってあげると、だんだん丸くなり、ついに繭になりました。さてこの繭に変身した仲良しさんと今度はどのようにして遊ぼうかな!?

稲を植えました

稲を植えました

先日子ども達の手で田植えの準備をしました。プランターに土を入れ、お水をたくさん入れて稲の寝るふかふかお布団の田んぼを作りました。何とも言えない気持ちのよさ?!どろどろぐちゃぐちゃの土を触り満面の笑みを浮かべる子ども達でした。そして、本日その田んぼに2、3人ずつで大切に稲を植えました。秋になれば稲穂が実り収穫を迎えます。脱穀・精米をし、お米になるプロセスも体験します。楽しみですね。

6月生まれお誕生日会

6月生まれお誕生日会

6月4日は虫歯予防デーです。6月生まれのお友達をお祝いした後、歯についてのお話しや歯磨きの正しいやり方をサンスターの指導員のお姉さんに教えて頂きました。
年長、年中組は4月から給食後歯磨きをしてきましたが、今日から年少さんも教わった通りに自分で歯磨きをしましょう。
そして、今月の園長先生とえつこちゃんのお話しは、「かみかみ30回~♪」よく噛んで食べること、歯に良い食べ物の紹介がありました。歯磨きだけでなく、歯を守る習慣は他にもたくさんありますね。みんなで虫歯ゼロを目指しがんばろう!

動物触れ合いデー

動物触れ合いデー

今日は、幼稚園のニワトリさんとうさぎさんたちとの触れ合いデーがありました。
普段は小さな小屋にいる動物さんたちですが、この日はサークルの中で子どもたちと一緒です。
サークルの中は、動物さんを触りたくて追いかけている子どもと、近寄ってくる動物さんが怖くて逃げる子どもとで大賑わいです。「にわとりさん、はいどうぞ」とエサを食べさせにっこり笑顔の子ども。それを見て怖がっていた子どもも恐る恐るエサやりに挑戦したり、「ふわふわしていて、きもちいい~」と言う声につられ初めてうさぎに触れる子どもなど、動物さんたちと心も身体もたくさん触れ合うことができました。 

横峰 吉文氏講演会

横峰 吉文氏講演会

たくさんの方にご参加頂き、横峰吉文先生の子育てについての講演会が行われました。数々の貴重なお話しをお伺いすることができしました。また、参加者の方からのご質問にも丁寧にお応え頂きアドバイスを頂きました。今後の子育てに活かせる良い機会になりました。横峰先生を初め参加者の皆様有難うございました。

歯科検診

歯科検診

「今日は虫バイ菌いないか、歯を見てもらいに行くよ」
「はいしゃさんいってみてもらったことあるよ。」「だいじょうぶ、こわくないよ~」と、言っているお友達がいる一方で、半べそをかいて不安いっぱいの表情を浮かべているお友達もいます。
新入園児さんにとっては、初めての歯科検診。緊張するのも無理はないですね。
歯医者さんの前で、「あ~ん」みんなお口を開けて歯を見て頂くことができました。
 
虫バイ菌が見つかったお友達は、早くやっつけようね。

お芋の苗を植えました

お芋の苗を植えました

すみれ組さんがさつま芋の苗を植えました。二十日大根やトマトのお家はプランターでしたが、今回はさつま芋畑の大きなお家です。運転手さんが、土を耕し畝を作ってくれています。
その畝にすみれ組さんが二人で一つの苗をきれいに植えていきます。先ず穴を掘りその中に苗を寝かすように入れ優しく土をかけていきます。
収穫はまだまだ先になりますが、「大きいのができるといいな」「いっぱいできるかな」「おいしいさつまいも早くたべたい」と、収穫、試食の夢が膨らむ子ども達です。

5月生まれお誕生日会

5月生まれお誕生日会

鯉のぼりの泳ぐ下、汗をいっぱいかきながら園庭でのびのび遊んでいる子ども達。今日は5月生まれのお友達の誕生会がありました。
子ども達はそろそろ園生活にも慣れ、毎日たくさんの活動をしています。が、そこでちょっと問題が発生しているようです。えつこちゃんが園長先生に報告に来てくれました。ビオトープの周りの置き石が倒されていたようです。
やってはいけないことはやらない。もしやっているお友達を見つけたら、「だめだよ」と教えてあげること。
また、合わせて年長組さんが大切に育てているトマトについても、プランターを倒したり葉っぱや実をちぎったりしないよう、年長組のお友達と園長先生がみんなにお話ししました。 
幼稚園でのルールや約束事については、まだまだたくさんあります。みんなが楽しみにしている先生達の劇でもそんな約束事について、子ども役演じる先生の行動を見て、みんなで一緒に考えました。実際に目で見るととてもわかりやすいですね。きっとみんなの心に伝わった事でしょう。

二十日大根おいしいね~

二十日大根おいしいね~

先日すみれ組が植えた二十日大根がいよいよ収穫の時期を迎えました。
順番に一人一つずつ抜いていきますが、葉っぱ一枚を引っ張り「抜けない~」と言っているお友達が
います。小さくてもしっかり根を張っています。「もっと下の方の葉っぱをまとめて持って抜いてごらん」と声をかけると・・・「抜けた~」と真っ赤な二十日大根を手にし、笑顔がこぼれます。
少し辛みもあり苦手な子どもも多い二十日大根ですが、お友達が食べているのを見て 一口ぱくり。 ん~やっぱり辛い。それでもほとんどのお友達が全部食べることができました。自分たちで植え、育て、収穫したものはやはり特別ですね。給食時には、調理した葉っぱの部分も残すことなく全ていただきました。機会があればご家庭でもぜひお試し下さい。
 

トマトの苗を植えました

トマトを植えました

すみれ組の子ども達に1人1つ植木鉢を渡しました。「何だと思う?」と質問すると「植木鉢ー!」と即答。みんなよく知っていますね。頭に被っておどけて「帽子ー!」という子もいましたが・・・。中を覗いてみると「あっ見える」「本当だ」とのぞき込んだまま友達と話をしていました。
「まず石(底石)を入れます」「次に半分くらい土を入れます」「次にトマトの苗を優しく置きます」「最後にもう一回土を(植木鉢の)線の上まで入れます」先生の説明を一生懸命聞いて自分たちの手で植えることができました。早く大きくなりますように・・・と毎日水をあげながら観察しています。
野菜を育てる事も大事な食育です。大事に育てて大事に頂きたいと思います。

4月生まれ お誕生会

4月生まれ お誕生会

今日は、4月生まれのお友達のお誕生会です。新入園児の子ども達にとっては初めてのお誕生会なので、ドキドキ、ワクワクの様子。園長先生と朝のご挨拶をし、幼稚園や家での過ごし方についての大切なお話しを聞きました。そして、進級児さんにはお馴染みの 春日丘幼稚園の大切なお友達の一人である『えつこちゃん』の紹介がありました。
園長先生とえつこちゃんとのやり取りを通して、これからも大切な事をたくさん学んでいきます。
4月生まれのお友達をお祝いした後は、先生による『三匹のこぶた』の劇を楽しみました。
お部屋の先生を見つけると、大興奮の子ども達でした。

いちご、甘くて美味しいね~

甘くて美味しいいちご

「いちごがりいけるかなぁ」登園してきたすみれ組のお友達が心配しています。
「大丈夫!いちご狩りに行きますよ~」と先生から聞くと「やったぁ~」と大喜びの子どもたち。
お弁当の入ったいつもより少し重いかばんを持って出発です。
「もうつく?」「まだだよ」・・・「せんせい、もうつく?」「もう少しかな」・・・「せんせいまだ~?」「ほら、見えてきたよ」 バスの中ではそんなやり取りが。
そして、やはりポツポツと雨が降り出して来ましたが、そんなことは関係なし。子どもたちの目はいちご畑に釘付けです。入口で一人ずつお水の入ったカップをもらい、ハウスの中へ。「あっ!赤いの見つけた」「わぁ~これ大きい」子ども達の弾んだ声があちらこちらから聞こえてきます。
いちごが苦手だと言っていたお友達も収穫を楽しみ、真っ赤ないちごをパクリと食べることができました。自分で見つけたいちごの味は格別ですね。
お腹いっぱい食べると、またまたバスに乗り込みお楽しみのお弁当はお部屋でゆっくりいただきました。
もちろんここでも子ども達の弾んだ声があちらこちらから聞こえてきたことは言うまでもありません。

二十日だいこんを植えました!

二十日だいこんを植えました!

「ヨイショ ヨイショ・・」すみれ組の先生とお友達で二十日大根を植える準備をしています。
まずは、大きなプランターに小石を敷き詰め、土を入れます。「もういい?」「まだまだもっと入れてくださ~い」プランターは大きいので沢山の土が必要です。子ども達は入れ替わり何度も土を入れ、さあ準備完了。
いよいよ種まきです。指で穴を開け、その中に一つずつ種を入れ、やさしくお布団(土)をかぶせます。最後に沢山のごちそう(お水)を与えました。
 
収穫できる日を夢見て、毎日お当番さんがお水をあげてます。